エコアクション21

【 エコアクション21とは】

エコアクション21は、環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステム(EMS)です。
一般に、「PDCAサイクル」と呼ばれるパフォーマンスを継続的に改善する手法を基礎として、組織や事業者等が環境への取り組みを自主的に行うための方法を定めています。
エコアクション21は、あらゆる事業者が効果的、効率的、継続的に環境に取り組んでいただけるよう工夫されています。

【 エコアクション21の特徴】

・中小企業等でも容易に取り組める環境経営システムです(環境マネジメントシステム)

・必要な環境への取組を規定しています(環境パフォーマンス評価)
・環境コミュニケーションにも取り組んでいただきます(環境報告

​・事業者の自主的・積極的な取り組みを第三者が評価します(第三者認証)

【 エコアクション21の構成】

エコアクション21は右の4つのパートにより構成されています。

この4つのパートにそって取り組むことにより、幅広い事業者が効率的にシステムを構築することができ、環境に関する取組の現状把握から、目的・目標の設定、管理、改善に至るまでの総合的な運用を図ることができます。

1、環境への負荷の自己チェックの手引き

2、環境への取り組みの自己チェックの手引き

3、環境経営システムガイドライン

4、環境経営レポートガイドライン

【エコアクション21に取り組むことのメリット】

①『総合的な環境対応が可能』

②『経営面での効果』

③『取引条件への対応/ビジネスチャンスの拡大』

④金融機関によるエコアクション21の関連融資

➄社会からの信頼獲得

⑥ロゴマークの使用

 環境経営レポート(環境報告)を作成し、外部に公表することにより、利害関係者(取引先や一般消費者等)に対しての信頼性が向上します。

 また、大手企業が環境への取組や環境経営システムの構築を取引先の条件の一つとする、サプライチェーンのグリーン化に対応することができます。

IMG_1102.jpg