環境カウンセラーについて

【 環境カウンセラーとは 】

環境カウンセラー登録制度とは、「環境カウンセラー登録制度実施規定」(平成8年環境庁告示第54号)にもとづき、環境省が実施している登録制度です。

環境問題に関する専門知識や豊富な経験を有し、市民や事業者等の環境保全活動に対する助言(カウンセリング)を行う人材として、環境省が、実施する審査を経て登録されております。

企業などの環境管理・環境保全のための具体的な取り組み及び計画作りの実績などがある方や地域の環境保全活動の実施および企画運営の実績などがある事業者、市民の方がカウンセラーとして登録しています。

 

※この制度は、人材登録制度であり、国家資格ではありません。
※この制度は、環境カウンセラー登録をした者に活動の場を保証するものではありません。

 

【環境カウンセラーの活動内容】

環境カウンセラーは、市民活動のリーダー、NPO活動者、有識者(大学教授、各種研究機関職員)、行政機関職員、民間企業の社員、資格保有者(技術士、エネルギー管理士等)などの様々な分野にわたる方々が登録しています。
環境カウンセラーがどのようなシーンにおいて有効にご活用いただけるのかをご紹介します。

■環境保全活動
企業や市民団体への環境保全の取組みについて助言や支援を行うことができます。

《依頼例》

◦環境マネジメントシステム構築や監査、環境アセスメントの実施
◦省エネ診断(事業者向け)実施支援 ◦騒音・振動対策、廃棄物処理、汚水処理、土壌汚染等について助言
◦再生可能エネルギー(太陽光発電、バイオガス発電など)の導入についての助言 など

 


環境教育、普及啓発等の実施
地域や社内等における環境保全への普及啓発活動を支援することができます。
《依頼例》
◦環境セミナーの講師

◦環境学習の企画、実施

◦環境イベントの企画、運営

◦エコドライブの普及啓発

◦グリーンカーテン導入啓発 など

e1aac62f6afa478b289591b7af3966aa_m - コピー